「10・15モードとは」

10・15モードとは


自動車のカタログに記載されている燃費表示には10・15モード燃費XXkm/ℓと記載されていますが、そもそも10・15モード燃費って何?と思う方も多いと思います。


またちょっと燃費を気にする人だとあんな「カタログの数値は絶対に出ない」という先入観もあるかと思います。しかしながら10・15モード燃費は嘘でもなければ出なくもありません。それどころか走り方によっては10・15モード燃費を超えることも可能です。


それはさておき10・15モード燃費についてですが、10・15モード燃費は日本の都市(市街地など)の実走行を想定し走行パターンに反映させて「シャシーダイナモ」上で10モード3サイクル、15モード1サイクルの合計4サイクル走らせたときの燃費です。


10通りの走行パターンのことを指し、主に市街地の信号で引っかかるGO→STOPが多い運転を想定しています。測定ではこのモードを3サイクルします(3回繰り返す)


15通りの走行パターンのことを指し、主に国道などでスピードに乗ったときの過減速運転を想定しています。測定ではこのモードを1サイクルします。(1回行う)


上記のとおり、実際の走行で起こるシチュエーションを想定しデータを取りカタログに記載していることから「10・15モード」と呼ばれるのです。