TOYOTA ヴィッツ

トヨタ ヴィッツ

女性のみならず男性にも人気のリッターカーの人気者、トヨタヴィッツ。


初代ヴィッツはコンパクトなサイズに、大人4人が快適に過ごせる室内空間を持つクルマとしてデビューし燃費の良さからも家族、独身を問わずに人気を博しました。人気の初代から細かい仕様をチェンジし2005年2月にデビューしたのが2代目ヴィッツ。


2代目は初代の良さを継承しつつ走行性、安全性能、居住性・機能性・品質などほぼ全ての面で向上されてデビュー。外観は最近のヨーロッパ車に見られる丸いなじみやすいデザインとなり、より親しみやすい存在となっています。


搭載されるエンジンには1.0リッター、1.3リッター、1.5リッターの3機種を用意し用途に合わせたグレードをえらぶ事が可能です。2007年8月にはマイナーチェンジが施され、前後のバンパーやグリル回りのデザインを変更するとともに、SRSサイド&カーテンシールドエアバッグやターンランプ付きドアミラーを全車に標準装備するなど更なる進化を遂げています。


それに伴いターゲット層が若い世代から30代~50代のセカンドカーとして使われる車として購入層を拡大しました。リッターカーの人気者としてトヨタのヴィッツ、ホンダのフィット、日産のマーチが初代の販売時から現在まで幅広い年齢層に受け入れらているのは日本の国土にあったサイズの車と低燃費であると言う事であるかもしれません。


v.jpg