プラグ

プラグ交換による燃費向上

プラグ交換について


プラグ交換のひとつに「スパークプラグ」と呼ばれる種類への交換があります。
プラグが着火しないとエンジンは効率よく回りません。そのために効率よく火花を着火させるのがプラグとなります。


自動車の中でも大事な部品であり、今では従来のニッケルから、さらに効率を良くする為に電極をイリジウム化したイリジウムプラグが使用される商品が多くなっています。


実際にプラグ交換を行って劇的に効果があがるのか?と言うと下記の要因などから燃費向上という効果は薄いと言えます。


プラグ効果の利点は点火の効率を向上させることが目的であり、燃焼状態を良くするために交換しているのが実情です。


プラグの不良で代表的なもの「失火」=ミスファイヤーと呼ばれる現象です。
現在は点火時期もコンピューターで制御しているので失火によるトラブルは少ないのですが、エンジンを改良した場合には適切な点火を再度コンピューター制御するために再設定する必要があります。