4WD方式(4輪駆動)


4WDとは4輪駆動の略であり自動車の車輪4つが全て駆動軸になっていることを指します。4輪駆動車はトランスファー、センターデフ、リアデフなど2輪駆動車に比べて部品点数が多くシステムが複雑である事から重量が重く燃費性能では完全に不利とされていました。


また4輪を駆動することからエンジン特性やミッションギヤ比は低めに設定されている為、高速巡航での燃費も悪く、街乗りでもアクセルワークによってかなり燃費が悪化してしまう傾向にあります。


フルタイム4WDは悪路ばかり走っているのは良いのですが常に4輪駆動をしている為一般走行中はオーバーステア気味で不安定と不評だった4WDシステムです。フルタイム4WDとして代表的なのはスバルレガシィーなどがあります。


パートタイム4WDは通常時に2輪駆動で運転者の任意で4輪駆動に切り替えることが出来るタイプの4WDで、重量こそ重いものの通常時は2輪駆動と大差ないフィーリングで、4輪駆動しなくて良いため燃費性能は若干向上しました。代表的なのは三菱パジェロなどがあります。



関連記事

  1. 可変バルブタイミング
  2. GDIエンジン(三菱自動車)
  3. エンジン性能各種
  4. 大気環境の改善
  5. リサイクルとしてのエコ
  6. ロックアップトルクコンバータ方式
  7. 4WD方式(4輪駆動)
  8. CVT方式
  9. 燃費データについて
  10. 10・15モードとは