燃費活性

燃料活性触媒 


1) 特徴
車の給油口に取り付けるだけ。
チタンボールが、燃料内の水分を減少させて、燃焼効率をアップさせます。
もちろん、タンク中に落ちてしまわないようにストッパーがついていて
ワイヤーの長さは70センチあるので、ガソリンが減ってきても問題なくチタンボールがガソリンに触れる設計です。


2)使い方
本当に簡単です。製品をそのままオイルタンクのところからぽんと入れるだけ。
簡単にセットできて、10%のガソリン削減も見込めるかもしれません。
具体的には、週に1度満タンにすると仮定して、60リットル給油するとすると
60リットル×160円×4週間×12ヶ月=46080円のコストダウン
という計算になります。
実験によれば、車種によっては最高で42%もアップしたケースがあるようです。
当然ながら排気ガスも削減されています。


3)疑問
値段が3000円以下というのが、大変な魅力ですね。
タンクに入れれば、それだけでOKですし、効果も半永久的。
ボールが白くなるまで使える、ということですから、目で見て確認できるのも
なかなか安心感があっていいのではないでしょうか。
交換の時期がわかる、というのはメンテナンスを考える上で、かなり重要ではないか、と思います。


4) 簡単度
非常に簡単です。難しいことはなにもありません!
地味ではありますが、水抜きなどの意味合いも含んでいるので、効果はあるのではないか、と思われます。



関連記事

  1. 可変バルブタイミング
  2. GDIエンジン(三菱自動車)
  3. エンジン性能各種
  4. 大気環境の改善
  5. リサイクルとしてのエコ
  6. ロックアップトルクコンバータ方式
  7. 4WD方式(4輪駆動)
  8. CVT方式
  9. 燃費データについて
  10. 10・15モードとは