ハンドル操作と燃費

ハンドル操作は燃費と関係ない?
たしかに一般道路を走行する範囲では卓越したハンドル操作がなくても車を運転する事ができます。
ハンドル操作が重要なのはレース関係じゃないか?

ハンドル操作が上手ければ、車の運転が上手であると言えるでしょう。
車の運転が上手であれば事故にあう確率も減ります、また無理な操作をしない事で車に負担をかけない運転につながります。

車に無理な動きをさせないと言う点でアクセルワーク、シフトチェンジ、ハンドル操作は重要と言えます。そしてハンドルの切り返しが少なければタイヤにかかる抵抗も少なく燃料の消費も押さえる事ができます。

ハンドルを使い車を曲がらせる曲がる事は車速を落とすというブレーキ要素が含まれますので、同じ距離を直線に近い形で進むか、遠回りをするかで燃費にも差が出てきます。そして、目的地に到着するための能力もハンドル操作に含まれています。

ハンドル操作の範疇にはナビゲーション能力(目的地に到着する、地図を読む)なども含まれ、道に迷うことなく目的に進めば無駄に燃料を消費することはありません。




関連記事

  1. 可変バルブタイミング
  2. GDIエンジン(三菱自動車)
  3. エンジン性能各種
  4. 大気環境の改善
  5. リサイクルとしてのエコ
  6. ロックアップトルクコンバータ方式
  7. 4WD方式(4輪駆動)
  8. CVT方式
  9. 燃費データについて
  10. 10・15モードとは