ブレーキと燃費

ブレーキ操作によって燃費を向上させる場合、気をつけたい事は一点ですw。

つまり、「急ブレーキを踏まない」ことです。
「急発進、急ブレーキは事故の元」という言葉がありますが、これは燃費の向上と言う点からも同じことです。車が前進すると慣性で車は前へ進みます。


車の重量を仮に1トンとすると、それを停止させるためにブレーキに負担がかかります。
このブレーキを急激に行う動作を続けると同じ距離を急ブレーキありの車と急ブレーキなしの車では燃費に差がつくそうです。


これはブレーキという行為自体が車の前進を阻む行為であり多大なエネルギーを浪費するからです。ブレーキを行わなければ車進み続けます(燃料がなくならないかぎり)つまり燃料の消費も一定ですむということです。


しかし、ブレーキで車をとめ、再度アクセルを踏むとわずかではありますが、その分だけ燃料を消費してしまうので、結果としてブレーキ回数がおおい又は急激なブレーキによって浪費する燃料が多い分だけ急ブレーキは燃費に悪いという事になるのです。

また燃費以外にも仮に同乗した車で急ブレーキを繰り返されると心理的に不安が高まりますよね?
精神的にも車の運転には緊張が伴いますので出来るだけ運転によるストレスを減らす意味で急ブレーキは控える運転を行いましょう。




関連記事

  1. 可変バルブタイミング
  2. GDIエンジン(三菱自動車)
  3. エンジン性能各種
  4. 大気環境の改善
  5. リサイクルとしてのエコ
  6. ロックアップトルクコンバータ方式
  7. 4WD方式(4輪駆動)
  8. CVT方式
  9. 燃費データについて
  10. 10・15モードとは