ホンダF1のエコ

HONDA F1のエコ活動

F1のイメージから「エコ」は想像つきにくいかもしれません。
過去にオイルショックなどがあった頃はモータースポーツは規模縮小され日本では多くのレースチームが撤退したそうです。


現在、日本はもとより世界中で人気のモータースポーツと言えばF1です。
F1に参加している日本企業のホンダは2007年より「earth dreamプロジェクト」と呼ばれる独自の活動を開始しています。


これは従来、チームを運営する上で欠かせないスポンサーであったタバコ会社の広告を一切、チームに設けず、広告塔の役割を持つF1カーにもスポンサーを広告しないという斬新な試みです。


日本よりも欧米の方がタバコに関する規制が厳しく、国によってはタバコスポンサーの広告を車体から消さないと参戦できないという規制を設けているほどです。


ホンダF1チームは2007年に車体を地球の写真で覆う今までにない「アースカラー」と呼ばれる斬新な車をデビューさせました、残念ながら肝心のレース結果は芳しくありませんでしたが、小口スポンサーの募集を呼びかけ個人、企業を問わず募金された人の名前をアースカラーの車体にプリントする試みも行っています。


小口スポンサーからの募金は緑の活動や植樹などに還元され、地球の失われつつある緑を次の世代につなぐ一役を買っています。この活動は2008年も継続されて行われる事になっており、今後も「アースカラー」を身にまとったF1カーが走ることになっています。