車とエコ

車とエコについて

車とエコ


エコ活動のひとつとして当サイトは燃費改善方法を紹介しています。
いま世界の自動車メーカーが競って開発をしている車がエコカー=低燃費、高出力な車があります。


低燃費でありながら高出力であるために各メーカーでは様々なトライをしています。
中でもホンダのFitやトヨタのヴィッツはエコカーとして認知されており、日本国内でも人気を博している車です。


ホンダは低燃費と居住性の確保した車としてFitを誕生させ、トヨタはそれに先駆ける形でヴィッツを発表しました。これ以降、日本、世界で低燃費、高出力な車の開発が進み欧米、日本でしのぎを削っています。


今のところ車のエコ活動として低燃費な車の開発がメインですが、トヨタではハイブリットカーとして電気とガソリンエンジンの二つで動きプリウスを誕生させ、すでに第二世代まで発表しています。


車として大事な静粛性を犠牲にすることなく従来の車とそん色ないのが魅力です。弱点は新しい機構を装備したハイテク車なので値段が他の車と比べて高い点ですが、購入後にかかるガソリン代へ計算するとそれほど変わらないか他の車よりトータルでの出費を抑える形となります。


経済的に負担が少ないという面では日本車として軽自動車も選択のひとつでしょう。
軽自動車は今や販売車台数のシェアでは高級車、スポーツカーに大きな差を広げており、今後も軽自動車を所有するユーザーは増加すると予想されています。


軽自動車の利点は税金が安い、燃費が他の自動車よりも良いという点です。
以前は軽自動車には耐久性、室内の質感が安っぽいなどのイメージがついていましたが、今では通常の自動車と同等もしくはそれ以上の室内空間の広がりを実現しています。


また中古車販売市場でも値落ちが少ないという別の面でも所有者にとって便利な利点を持っています。