エコの種類

エコの種類について


エコにはどんな種類があるのか?
ずばり言ってしまえば、「今まで無駄にして捨てていたものを大切に使う」だけでも立派なエコと言えます。


たとえば、スーパーの買い物袋を捨てるのではなく家庭で何かに再利用するだけでもゴミの量を減らすことに繋がります。ゴミの量が減ると焼却する際の有害な煙の発生量が軽減することにも繋がります。


また、古くなって捨てるだけの衣類も再生利用することで新たな燃料、原料として再び人の生活に戻ってきます。有名なものとしては「再生紙」や「ユニクロ」が行っている「リサイクル」などがありますね。


人間が生活する上でゴミはどうしても発生するものです。
今までの生活ではゴミが出るにことに対してあまり関心を払う事が少なかった人も多いでしょう。
しかし、最近の日本では「分別ごみ収集」を代表に「再生できるゴミは再生する」方向で各自治体が積極的にごみ収集システムを変更しています。


ジュースのペットボトルや空き缶も立派にリサイクルされ再び人間の手に戻るサイクルがようやく確立あれつつあります。自動車も廃車としてそのまま埋め立てられる、廃棄されるものが再度、別の商品の原材料としてリサイクルされています。